お知らせ

2014年7月30日

7月末の小山内裏公園の花 ~7月30日版~

暑い日々が続き、園内では真夏の花が咲いています。
 
この日小山内裏公園で見られた花を少し紹介いたします。
小山内裏公園140730イヌゴマ (1).jpg イヌゴマ 雑木林のへりに少し自生しているほか、パークセンター近くの野草見本園にも植栽されています。シソ科の特徴として、茎の断面が四角いです。花期は8月までです。 
小山内裏公園140730カラスザンショウ (1).jpg カラスザンショウ 幹にとげがたくさんある、ミカン科の落葉高木です。暖かい地方に多いですが、園内でも割合よく自生しています。ハチやチョウが花の蜜を吸いにたくさんやってくるほか、モンキアゲハなどのチョウの幼虫が葉を食べます。 
小山内裏公園140730ダイコンソウ (1).jpg ダイコンソウ アブラナ科の野草で、尾根緑道沿いや内裏池上手の草原などに自生しているほか、パークセンターの近くの野草見本園に植栽されています。花期は8月ころまでの場合が多いですが、園内でも場所によっては9月まで咲いています。 
小山内裏公園140730ムクゲの白花 (1).jpg ムクゲ 多目的広場のトイレ横に4本ほど植栽されていて、1本は白花、3本は淡いピンク色の花です。花期は6月下旬~9月ころまで続きます。 
小山内裏公園140730ウバユリ (1).jpg ウバユリ たくさん自生している場所は多摩丘陵でもなかなかなくなってしまいましたが、園内にはまとまった株数の自生地があります。やや湿った谷戸に生えます。花期は7月下旬から8月初めころです。 

ページの先頭へ戻る