お知らせ

2014年8月30日

8月末の小山内裏公園の植物 ~8月30日~

ここ数日涼しい日が続いています。またしばらくすれば暑さが戻ると思われますが、暑さと涼しさが繰り返されていく中で、徐々に本格的な秋に向かっていくのでしょう。
 
この日小山内裏公園で見られた植物を少し紹介いたします。 
小山内裏公園140830ミズヒキ (1).jpg ミズヒキの花 穂を上から見ると赤、下から見ると白く見えるため、紅白の水引に見立ててこの名がつきました。時たま白花もあります。雑木林の下によく生えています。花期は10月初めころまでですが、その後も赤い穂は秋が深まるまでよく目立ちます。 
小山内裏公園140830キンミズヒキ (1).jpg キンミズヒキの花 ミズヒキのような細長い穂になりますが、黄色い花が咲きます。明るい林のへりなどに生えます。花期は8月中ごろから9月初めころまでで、花が終わると小さなとげがついた実ができ、そばを通ると服にくっつくことがあります。 
小山内裏公園140830ヤマホトトギス (1).jpg ヤマホトトギスの花 雑木林の下に生え、変わった形の花が咲きます。花期は8~9月で、園内でもよく見かけます。 
小山内裏公園140830マツカゼソウ (1).jpg マツカゼソウの花 雑木林の下に生えますが、多摩丘陵近辺ではやや少ないです。花期は8月下旬から10月ころまで比較的長く続きます。 
小山内裏公園140830タマアジサイ (1).jpg タマアジサイの花 アジサイの中では珍しく花期が8月下旬から9月上旬ころになります。雑木林に自生する他、植栽されることもあります。つぼみが丸いためこの名があります。 

ページの先頭へ戻る