お知らせ

2014年10月 2日

10月初めの小山内裏公園の花 ~10月2日~

秋の花がいろいろ見られる季節となりました。今年はススキの穂などは少し遅れましたが、大半は平年並みかやや早く咲き、ヒガンバナなどは早くもほぼ咲き終わっています。
 
この日小山内裏公園で見られた花を少し紹介いたします。 
小山内裏公園141002イヌショウマ (1).jpg イヌショウマ 白い花が細長い穂になって咲きます。サラシナショウマとよく似ていますが、花をよく見ると柄がないことなどの違いがあります。園内では雑木林の下にわずかにある他、野草見本園でも見られます。花期は10月中ごろまでです。 
小山内裏公園141002ツルニンジン (1).jpg ツルニンジン 釣り鐘型の花が咲くつる植物で、園内では林の下にわずかにある他、野草見本園などでも見られます。花期は9月から10月初めころまでで、そろそろ終わりに近いです。 
小山内裏公園141002ヤマハッカ (1).jpg ヤマハッカ 紫色の小さな花が穂のようになって咲きます。園内ではやや少ないですが、雑木林の下で見られ、花期は9月末から10月中ごろまでです。 
小山内裏公園141002キバナアキギリ (1).jpg キバナアキギリ 日本産のサルビアの仲間で、園内では雑木林の下に群生地がある他、野草見本園でも見られます。花期は9月中旬から10月上旬ころです。 
小山内裏公園141002ツリフネソウ (1).jpg ツリフネソウ 湿地や水辺に群生する植物で、園内では津島谷戸サンクチュアリに群生地がある他、野草見本園でも見られます。小舟をつるしたような花の形からこの名がつきました。チョウやトラマルハナバチ、ホウジャク類などのガが花によくやってきます。花期は9月中旬から10月ころです。 

ページの先頭へ戻る