お知らせ

2014年10月11日

小山内裏公園「秋の昆虫観察会」

10月11日(土)午前10時から12時に、小山内裏公園「秋の昆虫観察会」が行われました。
 
講師は昆虫研究家の吉谷昭憲さんです。
 
この催しは、小山内裏公園パークセンター主催で毎年この時期に行われていて、わかりやすいお話が人気のイベントです。
 
初めに室内で昆虫の体重やはねの仕組みなどを、模型を使って解説してくださり、続いて野外での観察となりました。
 
心配された台風はまだ接近しておらず、好天の下でバッタや赤トンボ、チョウ、カマキリなどたくさんの昆虫が見つかり、参加した子どもたちは大はしゃぎで、とても盛り上がりました。
 
最後に室内に戻り、風でくるくるまわりながら飛ぶ植物の種の模型をみんなで作って飛ばして遊び、観察会は終了しました。 
小山内裏公園141011昆虫観察会体重比べ.jpg 室内での昆虫の体重の解説 テントウムシは0.05gしかないそうです。 
小山内裏公園141011昆虫観察会デジカメ撮影.jpg デジカメでの昆虫撮影の解説
小山内裏公園141011昆虫観察会ショウリョウバッタ観察.jpg ショウリョウバッタの観察
小山内裏公園141011オンブバッタ.jpg オンブバッタも見つかりました  
小山内裏公園141011昆虫観察会テントウムシ観察中.jpg 木にいたテントウムシの観察

ページの先頭へ戻る