お知らせ

2014年2月25日

2月下旬の小山内裏公園の野鳥と花 ~2月25日版~

小山内裏公園では8日と14日に降った雪がその後の寒さでなかなか溶けず、大量に雪のある状態が解消されません。それでもこの日は久々に暖かくなり、少し溶けてきました。
 
例年なら2月中ごろにはヤマアカガエルが産卵を始めるのですが、25日の時点でまだ産卵地の池が雪に埋もれていて、卵塊は見つかりません。
 
野鳥は、そろそろさえずりを始めています。春はすぐそこまで来ているのでしょう。
 
この日の小山内裏公園で見つかった野鳥や花などを紹介いたします。 
小山内裏公園140225白梅.JPG 白梅の花 パークセンターの近くなどに植栽されています。紅梅より遅れて咲きました。寒かった割にそんなに花期は遅れることなく、もう見ごろになっています。 
小山内裏公園140225ムクドリ.JPG 草地広場にいたムクドリ 一年中見られます。この日は雪の合間の地面が出ている場所でえさを探していました。 
小山内裏公園140225ツグミ (1).JPG 多目的広場にいたツグミ 冬鳥で、晩秋に渡ってきた頃にはよく木の上で果実を食べていますが、厳冬期以降は地上でえさを探すことが多くなります。数歩歩いては胸をそらすような姿勢をとり、また歩く、といった動きをよくします。飛び立つ時などにケケッ、と鋭く鳴きます。 
小山内裏公園140225コゲラ (2).JPG 内裏池上手の木にいたコゲラ 園内の雑木林に一年中いる小さなキツツキで、数も多いです。ギー、と渋い声で鳴いたり、木をココココ・・・とつついたりします。 
小山内裏公園140225コガモのペア.JPG 大田切池を泳ぐコガモのペア 園内では主に大田切池で見られ、秋に一度飛来しましたが、水面が凍ってからは姿を見せなくなっていました。この暖かさで水面の氷が溶けたため再びやってきました。写真右上の顔に緑色の模様があるのがオス、左下の全体に淡褐色なのがメスです。 

ページの先頭へ戻る