参加しよう イベント・講座を探そう

イベント

【終了しました】神代植物公園「平成29年度8月の展示会と特別企画展『世界のなかの日本の植物』」

  • 展示
開催日
特別企画展「世界のなかの日本の植物」
平成29年8月1日~8月27日

おしば美術展
平成29年8月29日~9月3日

緑と花を描く展
平成29年8月29日~9月3日
場所
jindai 20170712.3.JPG

1.平成29年度8月の展示会
当園では、園内に植物等を常時展示する常設展示に対して、
出展団体等の協力の元、常設展示では十分に展示できない植物や
植物文化の紹介を通じて、来園者に植物に関する知識や興味を
深めてもらうことを目的とする特設展示を行っております。
平成29年度8月の日程について、お知らせ致しますので、
常設展示と併せて、季節を感じる展示をお楽しみください。

展示会PDFはこちら

2.特別企画展「世界のなかの日本の植物」
当園では、日本に古くから伝わる花木等の園芸品種を多く集め、保存栽培しています。
特に、江戸時代に流行、または多くの園芸品種が生み出されたツバキ、ツツジ、カエデ、
サクラ、ウメ、ハナショウブ、サクラソウ、古典菊、花蓮など、江戸時代に見い出された
古品種も含め数多く保有し、展示する一方で、その他古くから伝わる園芸植物も
多くの協賛団体のご協力により季節にあわせた展示をし、1年を通して多くの
来園者のみなさまにお楽しみいただいております。
今回の特別企画展では、これら園芸品種のもととなった野生種に焦点を当てて、
世界から見た日本の植物相の特徴を解説したパネル展示を行います。

開催日時
平成29年8月1日(火)から 8月27日(日)
※休園日を除く 

場所
植物会館1階 展示室

内容
園芸植物は、野生植物をもとにして品種改良などによって、見い出されてきました。
そのもととなっている野生植物に焦点をあてて、植物の地理・気候等の違いから、
世界の植物相を解説します。
また、世界の中に占める日本の植物相の特徴を紹介致します。
併せて、植物化石もご覧いただく予定です。

料金
無料(入園料別途)
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は入園無料

問い合わせ
神代植物公園サービスセンター
電話番号:042-483-2300

★神代植物公園について★
【開園時間】
9時30分~17時(最終入園は16時)
 
【休園日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

【住所】
調布市深大寺元町5-31-10

【交通】
・京王線から
調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、
または京王バス深大寺行き「神代植物公園前」下車
京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
・JR中央線から
三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き
「神代植物公園前」下車

【入園料】
一般 500円 65歳以上 250円 中学生 200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※水生植物園及び植物多様性センターは無料で入園できます。
年間パスポート 一般 2,500円  65歳以上 1,250円

【問い合わせ先】
神代植物公園サービスセンター 電話:042-483-2300

【ホームページ】
公園へ行こう!神代植物公園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index045.html

【公式Twitter】
@ParksJindai 都立神代植物公園 園長の採れたて情報

jindai_20170712_map_1.jpg

イベント・講座を探そう