ページの先頭です

文字サイズ

背景色

ここから本文です

トップ > イベントを探す > 神代植物公園サクラソウ品種コレクション [日本植物園協会ナショナルコレクション第1回認定]記念イベント

イベント

神代植物公園サクラソウ品種コレクション [日本植物園協会ナショナルコレクション第1回認定]記念イベント

  • 体験・学ぶ
  • 展示
開催日
◆特別講演会
平成30年7月1日(日)
13:30~15:30

◆パネル展示
平成30年6月26日(火)~7月16日(月・祝)
場所
jindai_20180619.jpg




詳細情報

◆特別講演会
日時
平成30年7月1日(日)
13:30~15:30

場所
神代植物公園内 植物会館2F

内容
○「江戸の花サクラソウ」その魅力と栽培文化について
○ナショナルコレクション制度と神代植物公園サクラソウ品種コレクション

講師
鳥居恒夫(とりいつねお)氏(さくらそう会世話人代表)、神代植物公園職員

定員
50名(当日先着順)

参加費
無料(入園料は別途)


◆パネル展示
日時
平成30年6月26日(火)~7月16日(月・祝)

場所
神代植物公園内 植物会館1Fロビー

内容
パネル展「神代植物公園サクラソウ品種コレクション」
・サクラソウ紹介パネル展示(10枚程度を予定)
・動画放映(サクラソウ開花時期の状況)
・標本展示他

[神代植物公園サクラソウ品種コレクション]
春に可憐な花を咲かせるサクラソウは、江戸の近郊の戸田ヶ原や浮間ヶ原等に自生していた野草から、江戸の人たちが生み出した唯一の園芸草花で、まさに江戸の花ということができます。 
神代植物公園では、江戸時代から作出されてきた品種をはじめとして、現在知られている約300品種のうち、293品種のサクラソウを収集・保全しており、ほぼ完全なコレクションといえます。
6月19日、制度が発足して第1回目のナショナルコレクション認定証授与式が行われ、神代植物公園のサクラソウ品種コレクションが、公的植物園としてはじめて認定を受けました。

[日本植物園協会ナショナルコレクション]
我が国には7,000種類にも及ぶ野生植物が自生し、それらや渡来植物を元に数多くの観賞用植物や有用植物が作出されてきました。
しかし、現在においては、日本の野生植物の約1/4が絶滅危惧種に選定され、古くに作出された栽培品種も失われつつあるのが現状です。
このような現状に鑑み、日本植物園協会では、2017年7月より「野生種、栽培種に関わらず、日本で栽培されている文化財、遺伝子資源として貴重な植物を守り後世に伝えていく」ことを目的に、ナショナルコレクション制度をスタートしました。
審査に合格したコレクションを「日本植物園協会ナショナルコレクション」として認定し、種類に関する情報等を公開、コレクションの橋渡しをすることで、個人や愛好団体等、保全の基盤が脆弱な植物コレクションであっても、長期間安定して保全されることが期待されます。 

★神代植物公園について★
【開園時間】
9時30分~17時(最終入園は16時) 

【休園日】
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

【住所】
調布市深大寺元町5-31-10
・京王線から
調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、
または京王バス深大寺行き「神代植物公園前」下車
京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
・JR中央線から
三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き
「神代植物公園前」下車

【入園料】
一般 500円 65歳以上 250円 中学生 200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※水生植物園及び植物多様性センターは無料で入園できます。
年間パスポート 一般 2,500円  65歳以上 1,250円

【問い合わせ先】
神代植物公園サービスセンター
電話:042-483-2300

【公式HP】
神代植物公園へ行こう!
https://www.tokyo-park.or.jp/jindai/


【公式Twitter】
都立神代植物公園 園長の採れたて情報 @ParksJindai 

jindai_map_20180619.jpg